長岡学園

保育目標

当園の前身は昭和28年(1953)に開設された伝統のある保育園です。そして平成31年4月に認定こども園長岡学園となりました。霊峰伊吹山を仰ぎ、田畑と山々に囲まれた、また、山東庁舎やルッチプラザの近くで自然と文化が融合するところにあります。仏様の慈愛を基に心と身体の調和のとれた、いのち輝く美しい姿を育て、養護と教育が一体となった豊かな人間形成を基本理念としている幼保連携型認定こども園です。

保育内容

いのちの保育と教育、音楽・体育を柱にして独自のカリキュラムに基づき、0才から就学までの一貫した保育・教育を行っています。 心と身体を美しく整える方法として、呼吸を大事にしています。 呼吸を整えることにより集中して活動に取り組むことができ、先生の話が聞け、自分で行動し、みんなと協調してやりとげる喜びを育んでいます。 自律し、自立へとつなげる保育・教育を大切にしています。
☆縦割り活動 ☆手作り給食 ☆忍者おむすび ☆基本的生活習慣を通しての躾教育
☆山や田んぼ、はらっぱ自然の中で過ごします。 
☆体育指導 ☆歌唱指導 ☆器楽合奏 ☆交通安全運動 ☆鼓隊・和太鼓
☆花祭 ☆ほたる祭 ☆交通安全運動 ☆地蔵盆縁日 ☆子育てセンター「寺子屋」
毎月8日をいのちの日と定め、四季の自然や食事を通していのちの尊さを学び
「肌で自然を・心で仏を」感じることができる体験をする。
・仏前参詣・素話・いのちの貯金箱・地域の旬の素材を使った給食活動
・菜園での苗植え、収穫。
ケアセンターとの交流・祖父母参観
地域の子ども達と行事を通して交流
このページのトップへ
Copyright © 社会福祉法人 湖北報恩会. All right reserved.